資格は就職に役立つのか?

資格就職TOP

現在は、誰もが知っているように就職難です。無職の方はもとより、新卒の学生でも希望する会社には中々就職できません。

そこで注目されるのが資格です。
実務経験や社会人経験が少ない方は、資格を取得することで、それをカバーして企業から評価してもらう以外の方法はないのです。

でも多くの方は、資格取得すれば、どの程度企業から評価してもらえるか疑問に思っているようです。
確かにせっかく頑張って勉強し資格を取得しても、就職できなければ意味がありませんし、不安に思う気持ちもわかります。

これに対しての答えを出すなら、必ずしも資格=就職というのはことには繋がってこないということです。
何故なら、資格をどの程度評価するかは、業界や企業の規模、面接官そして企業文化によって変わってくるからです。

だからと言って就職のために資格を取る意味がないかといわれればそんなことはありません。
やはり資格と言うのは、その人の能力を客観的に判断する材料になることは間違いないのです。

資格で重要なのは、その企業や業界が求めている資格を取得するということです。

例えば、商社や外資系の会社に就職したい場合、簿記2級を持っていてもほとんど評価の対象になりませんし、保険会社に行政書士の資格をアピールしてもほとんど意味がありません。
それよりもTOEICのスコアやファインナンシャルプランナーの資格の方が評価は高くなります。
これは極端な例ですが、要するに就職するために適切な資格を取得することが重要なのです。

また、資格と言うのは何も就職だけに限ったことではありません。
独立することだってできます。
特に現在のように不況の影響で雇用形態が複雑化していれば、自分で開業するという選択肢も逆に増えていると聞きます。

まずはどの資格を選ぶにせよ、その資格の背景を理解する必要があります。

このサイトでは、今就職に強い資格を中心に、将来を見据えた独立しやすい資格も紹介していきます。
資格を取得して就職を目指す方は、参考にして下さい。

次のページ >>

>>就職に役立つ資格だけを扱う本気の通信講座